Windows 8ではDVDビデオを再生することができなくなるようです。
Windows 8搭載パソコンでDVDを見る場合は、DVD再生ソフトが別途必要になります。

Windows 7・Vistaでは、DVDの再生は標準装備だったのが、
なぜ、Windows 8では標準装備から外されたのか!
一般ユーザー、従来からのDVD再生が当たり前と思われている方からすると、
納得のいかないところです!


 

 
左はWindows 7のすべてのプログラム一覧
右はWindows 8のすべてのアプリ一覧
(Windows Media Playerはあるが、DVDが再生できない!)

 

理由その1

DVD再生には「DVDコーデック」というモジュールが必要で、
Windows 7・Vistaには、標準で装備されていました。

DVDコーデックとは、DVDのディスクを読み取って暗号化(CSS)を解除し、
MPEG-2形式のデータを動画として再生するソフトウェアです。

ソフトウェアというのですから、本来は有料です。Windows 7・Vistaではマイクロソフトが
ライセンス料を支払っていたんですね。パソコンを購入した価格あるいは、Windows 7・
Vistaの価格には、DVDコーデックの費用が含まれていたんです!

それがWindows 8では、このDVDコーデックが標準装備しなくなったというだけです。
ですからWindows 8の製品版をパソコンに新規インストールしても、DVDは再生できない。
XPと同様に、サードパーティーのDVD再生ソフトが必要になります。

とはいえ、今後発売されるWindows 8がプレインストールされたパソコンの場合には、
パソコンメーカーがWindows 8搭載パソコンに、付加価値として、
なんらかのDVD再生ソフトをプレインストールしてくることでしょう。

ではなぜ、標準装備から外したの?

最近、超極薄パソコンが人気なようですね!(ウルトラブックを代表に)

極薄パソコンには光学式ドライブが内蔵されていません!
内蔵されていない・使用しない前提のパソコンに、
本来有料であるコーディックを装備することは 無駄!なだけ・・・

 マイクロソフトはWindows 8の「オンライン ストア」で動画・音楽を売りたがっている!?
オンラインであれば、DVDドライブの必要性はありませんから。

 DVDやBDドライブを内蔵するデスクトップパソコンやノートパソコンでは、
サードパーティー製DVD再生ソフトが含まれる可能性は高くなるでしょう。
これに関しては パソコンメーカー次第といえます。

理由その2

Windows Media PlayerからDVD再生機能がなくなったから!

従来のWindows 7・Vistaにはプログラムの一覧を見ると、再生ソフトが2~3ありますよね。
Windows標準の「Windows Media Player」をはじめ
サードパーティーソフトの「Win DVD」であったり、「Power DVD」であったりです。

そこでマイクロソフトは「DVDの再生や制御は、本来のユーザーインターフェースである
サードパーティーソフト側から行なうべきだ」として「Windows Media Player」から
DVD再生を外したようです。 ・・・「Windows Media Center」がなくなったということです。

Windows 8では、DVDを再生できる「Windows Media Center」は
別売のオプションソフトとなりました。
Windows「ストア」からオンラインで購入するソフトウェアとなったようです。

Windows 7からアップグレードしたらDVD再生機能はどうなる?

① 現在利用しているWindows 7から、Windows 8へアップグレードした場合には、
DVD再生機能はどうなるのでしょうか?

パソコンにサードバーティのDVD再生ソフトがインストールされておらず、Windows標準のDVDコーデック
だけを使っていた場合、Windows 8にアップグレードするとDVDは見られなくなるようです。
Windows 7のDVDコーデックのライセンスはWindows 7用に限定されているため、
Windows 8で使うことはできない、ということのようです。

② では、Windows  7のパソコンにサードパーティー製DVD再生ソフトがインストールしてあった場合は
どうなるのか? これは再生ソフト次第となるようです。
DVD再生ソフトがWindows 8でも動作するものであれば、これを使ってそのまま、
Windows 8でもDVDを再生できるでしょう。

③ では、Windows VistaやXPからアップグレードしたときにはどうなるのか?
この場合はそもそも、アプリケーションをWindows 8へと引き継ぐことができないようです。
Windows VistaやXPからWindows 8へのアップグレードは、
ユーザーデータとWindowsの設定だけが、引き継がれるだけのようです。

つまり、これらのOSではアプリケーションを引き継ぎアップグレードができないので、
サードパーティーのDVD再生ソフトがインストールされていたとしても、
Windows 8にアップグレードしたら、DVD再生はできなくなるということですね。

もちろんDVD再生アプリケーションのインストールファイルがあり、
アップグレード後に再インストールできれば(Windows 8対応)、
再生できるようになる可能性はあるのでしょう。

これまで使えていたものが使えなくなるということには、ユーザーとしては不満が残ります。
特にWindows 7からアップグレードするユーザーにとっては、これまでどおりの機能を使うためには、
余計な手間、追加の出費をする必要が発生します。

そこで、次回はWindows 8でDVDを再生することのできる
しかもフリーソフトの「VLC media player」について書こうと思います。

 

 

スポンサード リンク