Windows 8での一番の目新しいものといえば起動後、目にするタイル状に並んだアイコンですね♪
Modern UIと言われたり、Windows 8 style UIと言われたり、未だはっきりした名称が定まっていませんが・・・

 

本来のアイコンの並び!   大きいアイコンを小さくしてみました

よく使うアプリのアイコンがスタート画面に、すぐに画面いっぱいになってしまいました。
Office 2013(Word・Excel・Power Point、Access)、VLC Media Player、Classic Shellなどだけです!
そこでWindows 8標準装備のアプリをすべて小さくしてみました。

 

「デスクトップ」アイコンを右クリックして、画面左下に表示された「小さくする」をクリックします。

大きなアイコンに対して、この操作を繰り返します。

 

アイコンをグループごとに分けるためにアイコンを移動

今回はビジネス関連とエンターテイメントとWindows8標準(スタンダード)に分けてみました。
まず、ビズネス関連として「Word2013」を配列の右上に移動します。
「Word2013」をゆっくりで結構ですから右斜め上にドラッグします。
すると薄い白い境界線が表示されますので、その右側までドラッグ&ドロップします。

  

この操作をビジネス関連のアプリに対して繰り返します。
(例えば、Excel・Power Point・Outlook・SkyDrive・ペイント・メモ帳など)

あるいは、Windows 8標準の「ニュース」「トラベル」「スポーツ」などは
左のグループへドラッグ&ドロップします。

 

 

「グループ化」その設定方法は!

1 スタートメニュー画面で Ctrl キーを押しながら「-」(マイナス)キーを押すと、アイコンが小さく表示されます

 

2 いずれかのグループを右クリックすると、画面下に「グループに名前を付ける」というメニューが表示されますので、
クリックしてグループ名を入力します。(今回は「スタンダード」としました。) 「名前」をクリックします。

 

「エンターテイメント」、「スタンダード」と操作を繰り返してグループ名を付けます。

3 ドラッグ&ドロップして、グループの位置を変えてみましょう。
(今回は 「ビジネス」を左、スタンダードが中央、「エンターテイメント」を右にしました。)

4 Ctrl キーを押しながら「+」あるいは、画面のアイコンの並んでいないところをクリックして元のスタート画面に戻ります

 

 

分類方法は人それぞれ。スタート画面に登録されたアプリの内容によって異なります。

ご自身で使いやすいように分類してみてはいかがでしょうか?

 

こんな感じで使いやすいようにグループ化して並べると、この新しいスタートメニューも使い易くなるのでは?!

 

 

スポンサード リンク