Windows 8を起動すると 表示される画面を「スタート画面」といいます。タイル状にアイコンが並べられた
画面は「タッチ操作」に適した「Windows8 style UI」または「Windows Modern UI」と呼ばれます。

これらのアイコンをタップまたはクリックしてアプリケーションソフトを起動させますが、このアプリは2つに
分かれます。「ストアアプリ」と「デスクトップアプリ」です。

 

●Windowsストアアプリ

「Windowsストアアプリ」と呼ばれ、Windows 8から新しく導入されたアプリです。
タブレットに最適化され、タッチ操作を前提としていますが、マウス操作にも対応しています。

アプリを起動させるとフルスクリーンで表示され、統一されたシンプルな画面表示になっています。
Windows 8標準搭載のストアアプリとして「天気」「ニュース」「地図」「フォト」「ミュージック」「ビデオ」「ストア」
などが用意されており、購入後すぐに使用できます。

従来からのWindowsユーザーからすると、「スタートボタン」を押した後の「プログラムの一覧」に並んだ
アイコンがタイル表示で起動と同時に表示されていると思えば、従来の使用方法と変わりありません!

 

スタート画面                         旧Windows のプログラムの一覧

 

●デスクトップアプリ

「デスクトップアプリ」は、デスクトップ画面上で実行されるアプリで、従来のWindowsで使用されてきたもので、
マルチスクリーンに対応しています。同時に複数のウィンドウを開きそれらを切り替えながら作業を行うことができます。


Windows 8の「スタート」画面から「デスクトップ」画面へ移動した表示

 

Windows 8は、従来からのデスクトップとは別に、タブレット端末に特化した「Modern UI」と呼ばれる新しい
インタフェースと、その専用アプリケーションである「Windows 8ストアアプリ」がプラスアルファとして登場
しただけ?と考えるとあまり違和感なくWindows 8を使うことができのではないでしょうか・・・

 

ですからWindows 8を理解し、使いこなすにはこれら2つのアプリの違いを把握して効率よく使い分けていく
のが近道ではないでしょうか。

 

 

スポンサード リンク