日本マイクロソフトは、Windows XPとOffice 2003のサポートを2014年4月9日に終了することを
改めて 記者会見で発表しました。記者会見の模様はニュースにも取り上げられるほどでした。

 

今回のサポート期間終了は突然決まったわけではなく、2007年当時から発信はされていたものです。
ただ、あまり周知されてはいなかったことと、次期OS:Vistaが不人気だったため移行されずにXPの
占有率が高くなってしまい、今に至ったようですね。

そのため今回、移行支援強化期間として、法人向けに本格的な訴求活動を行うことになったようです。

http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/xp_eos.aspx

 

ただ、個人的感想はWindows 8、7、VistaそしてXPを使い分けしている私としては、
いずれXPのサポート終了が来ることを認識しつつも、深刻な事態として捉えていませんでしたので、
ニュースをみても「あーそんなんだ・・・」としか思えませんでした。

 

が、社会問題として考えてみると
Vistaが予定?より遅れて登場したこと、またそのVistaの評価がそれほど高くなかったこともあり、
XPの販売がかなり長期にわたって行われてしまい、結果として相当数のWindows XP搭載PCが
市場には出回り、未だに現役として使用され続けているのが現状です。

特にシステムの一環として導入されている企業にとっては、あと1年で新しいOSへ置き換えるには、
かなり広範な啓発活動と、相当綿密な準備が必要になることでしょう。

 

サポート終了はどんな影響があるの?

 

では、なぜWindows XPのサポート切れが問題になるのでしょうか。
それは、セキュリティパッチも提供されなくなるため、今後 新たに見つかったセキュリティ上の脅威に
対して無防備になるからです。

 

Windows XPのPCが利用できなくなるわけではありませんが、Windows XPやOffice 2003に
影響のある脆弱性は今でも見つかっており、サポートが終わった後でも脆弱性がなくなるわけでは
ありません。むしろセキュリティパッチが提供されなくなることで不正アクセスに合いやすくなり、
使い続けるのは危険だということです。

一般ユーザーにとっては、スタンドアロンだから大丈夫というのではなく、USBメモリ、DVDなどいろいろな
メディアからでも、侵入は可能です。ですから現在の脅威に対応した新しいOSに移行すべきなのです。

 

ただ、単純にOSをXPからWindows7にアップグレードすれば良いというものではなく、Windows7が
稼働できる動作環境であるかを考えると、むしろ買い替えを促しているとしか思えません。

 

1年後にどれだけのXPユーザーがほかのプラットフォームに移行しているのかは、予測しがたいものです。
一般ユーザーにとっても この期に及んでWindows7なのか?と考えると やはりWindows8に
移行せざるを得ないんでしょうね。

とはいえ、やはり馴染み親しんだXPのロゴをみると なにやら哀愁を感じるのは私だけでしょうか・・・

 

 

スポンサード リンク