windows8
米マイクロソフトは4月16日(現地時間)、次期Windowsの正式名称と製品エディション(SKU)を発表しました。

以下ソースより引用になります。

MSDNブログではエディションは3つとしているが、The Windows Blogに注釈として「従来のWindowsと同様に、企業顧客向けにSLA付きのエディションも用意する」とあり、実質的には4つのエディションとなる。

  • Windows 8:x86/64版のコンシューマー向け
  • Windows 8 Pro:x86/64版のプロ(仕事でWindowsを使うユーザー)向け
  • Windows 8 Enterprise:「Pro」エディションの機能にSLAなどを追加した企業向け
  • Windows RT:これまで「Windows on ARM」あるいは「WOA」と呼ばれてきたARM版Windows。このエディション向けのタッチスクリーン対応アプリは、新しいWindowsランタイム「WinRT」上で開発されている

Microsoftは2月29日に「Windows 8 Consumer Preview」を公開したが、正式版公開の日程などは明らかにしていない。同社は向こう数カ月のうちに価格などの情報を発表していくとしている。

ソース:ITmediaニュース

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1204/17/news027.html

The Windows Blog

http://windowsteamblog.com/windows/b/bloggingwindows/archive/2012/04/16/announcing-the-windows-8-editions.aspx

また、SKU別の機能サポート状況表を簡単に訳してみました。
現時点での情報ですので、今後変更される可能性もあります。

機能名

Windows 8

Windows 8 Pro

Windows RT

Windows 7 Starter, Home Basic, Home Premiumからのアップグレード

X

X

Upgrades from Windows 7 Professional, Ultimateからのアップグレード X
スタートスクリーン、セマンティックズーム、ライブタイル X X X
Windowsストア X X X
アプリ(メール、カレンダー、人物、メッセージング、フォト、SkyDrive、リーダー、音楽、ビデオ) X X X
Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint、OneNote) X
Internet Explorer 10 X X X
デバイスの暗号化 X
スタンバイ接続 X X X
Microsoftアカウント X X X
デスクトップ X X X
x86/64、デスクトップソフトウェアのインストール X X
更新されたWindowsエクスプローラ X X X
Windows Defender(防御ツール) X X X
スマートスクリーン X X X
Windows Update X X X
強化されたタスクマネージャ X X X
その場で言語を切り替える(言語パック) X X X
優れたマルチモニタサポート X X X
ストレージ・スペース X X
Windows Media Player X X
Exchange ActiveSync X X X
ファイルの履歴 X X X
ISO / VHDマウント X X X
モバイルブロードバンド機能 X X X
画像パスワード X X X
Play to X X X
リモートデスクトップ(クライアント) X X X
PCをリセットし、リフレッシュ X X X
スナップ X X X
タッチと親指キーボード X X X
トラステッド・ブート X X X
VPNクライアント X X X
BitLocker および BitLocker To Go X
VHDからのブート X
Client Hyper-V X
ドメイン参加 X
暗号化ファイルシステム X
グループポリシー X
リモートデスクトップ(ホスト) X

Windows RTというネーミングについては物議をかもしているご様子。
XP系のネーミングともいえますが、vista→7→8と来てRTとなると…ウーム。
人により受け取り方は違うでしょうが、皆さんはどうでしょうか。

スポンサード リンク